フリーダイヤル
家出調査

家出捜索事例

相談者:男性(46歳)女性(44歳) 対象者:娘(18歳)

家出捜索事例イメージ写真今までも何度か外泊はしていたものの、連絡だけは取れていた娘さんが、いつものように友達と遊びに行ったのに家に戻ってこない…

しかし、今回は3日間音信普通になってしまっているため、警察にも捜索願を出したが、何も進展がないので早急に探してほしいということでした。
詳しい話をお聞きすると、娘の交友関係の事を考えるトラブルの可能性もある、とのこと。
緊急性が高い案件であるという判断から、ご契約の流れになった時点で既に調査員が行動を開始しました。

対象者の氏名、住所、学校名は判明しているので、まずは対象者の学校での交友関係や評判、それに放課後に誰とどこに行っていたのか行動を調査していくことにしました。

調べを進める中で対象者は多くの友達とメールをしていたことが判明。
その中には男性も数名含まれていました。
その男性の中の1人には特に多くメールを送信していたことから、何か事情を知っていると思われたため、男性の身元調査を開始したところ、すぐに住所が判明し、さらに対象者がその住所に現在滞在している事が分かりました。

すぐにご両親に報告し、調査員立会いの下、娘様に会って頂きました。
その場で事情を確認すると、携帯の出会い系サイトを利用し男性と友達になったということでした。
家出をするつもりはなく、楽しかったので一緒に居ただけという安易な考えに、ご両親様は言葉を失っていらっしゃいました。

今回は何事も無く調査は無事終了しましたが、10代での家出は毎年増え続け事件に巻き込まれる可能性も多いと言われています。
お子様が家出をされた場合は、すぐにご相談ください。

お電話でのご相談

メールでのご相談

直接お会いしてのご相談をご希望の方