フリーダイヤル
家出調査

早期の捜索開始が発見の決め手

家出の場合はとにかく一秒でも早い行動の開始が早期発見のポイントになります。

普通の家出の場合家出から日が経たない内は、友人の家やよく利用している店舗など本人に馴染みのある場所にいるというケースが多く、捜索範囲はある程度絞ることができます。
ただ、日数が経過するとそこから離れ、本人も行った事のない場所、残された情報からは割り出しにくい場所に移動するという傾向があります。

こういった場合は更に悪い事に事件に巻き込まれる確率も高くなってしまいます。
考えているだけでは事態の好転は望めません。

家出人に対して一刻も早い捜索を開始することが最良の方法です。

お電話でのご相談

メールでのご相談

直接お会いしてのご相談をご希望の方