フリーダイヤル
いたずら調査

いたずら対策調査事例

相談者:男性(35歳)

いたずら対策調査事例イメージ写真商店を経営している依頼者からのご相談で、いたずらの内容はパートが通勤で使っている自動車が、店舗裏の駐車場に停めているといつのまにか傷をつけられるという事でした。

はじめは近くに住む子供のいたずらだと思っていたそうですが、日にちが経ってもいたずらは止まず、被害がだんだんと大きくなっていくので、このままでは社用車や店舗自体を傷つけられるのではと思い相談に来られました。

ご相談の時に詳しく話しを聞くと、傷をつけられているのは主に午前中が多く、曜日を問わないという事ですので、定職がある人物ではないと考えられました。
また、自転車が置いてある駐輪場の場所も地元の人しか通らない場所にあり、持ち主が分かった上でいたずらをしている可能性が高いと思われました。

調査自体は1週間カメラを設置し、特に疑いの強い午前中は調査員が張り込みをするという形で行われました。

調査開始から3日目、ついに犯行の現場をカメラが捕らえました。
映像を元に調査員がいたずらをした人物を追っていくと、何と同じ町内に住む人だったのです。

報告書を仕上げ相談者に見せたところ、この人物は相談者が経営する商店の前オーナーだったとの事。
最終的に、相談者は調査報告書を証拠に「二度といたずらをしない」という誓約書と車の修理代を前オーナーに請求され、いたずらの被害は止んだそうです。

お電話でのご相談

メールでのご相談

直接お会いしてのご相談をご希望の方